北海道体験 > プログラム一覧 > クジラ・イルカ・シャチ・バードウォッチング~知床・羅臼沖で見る大迫力の海の生き物たち

13枚の写真を表示

閉じる
1/ 13

h-takarajima

羅臼ではたくさんの種類のクジラやイルカ、そして海鳥たちを見ることが出来るのをご存知ですか?

h-takarajima

シャチは好奇心が旺盛なので自ら船に寄ってくることも。

h-takarajima

マッコウクジラは、8月・9月に高い確率で見ることができます。

h-takarajima

タスマニアから渡ってくるハシボソミズナギドリの何万羽の群れは圧巻!

h-takarajima

h-takarajima

h-takarajima

h-takarajima

h-takarajima

カマイルカ

h-takarajima

h-takarajima

h-takarajima

h-takarajima

プログラム No.888

期間外プログラム

Share Icon

クジラ・イルカ・シャチ・バードウォッチング~知床・羅臼沖で見る大迫力の海の生き物たち

4.4 (18件)

羅臼

開催期間:

2022年04月29日~2022年10月10日

所要時間:

出航から解散まで約2時間30分

開催地

知床・羅臼(提供:知床ネイチャークルーズ)

開催期間

4月下旬~10月中旬

所要時間

出航から解散まで約2時間30分

参加料金

大人: 8,800円

小人(小学生): 4,400円

このプログラムは現在「期間外プログラム」のためお申し込みができません。

ここがポイント

★羅臼の海ならではの動物探索クルージング
★クジラ、シャチ、イルカなどが間近で見られるかも!
★動物や海鳥発見時は、スタッフが丁寧にガイド!

間近で水しぶきを上げるクジラやイルカ、海面を埋め尽くす海鳥・・・羅臼のネイチャーウォッチングの醍醐味がここにあります!

羅臼ではたくさんの種類のイルカやクジラ、数多くの海鳥たちを見ることが出来るのをご存じですか?
クジラはマッコウクジラやツチクジラ、ミンククジラ。
イルカはイシイルカが主に回遊してきます。春先はハシボソミズナギドリの大群やシャチに出遭えるチャンスも!!
日本国内で羅臼以上にシャチに出遭える場所はありません。

特にマッコウクジラに関しては、日本国内では稀にしか見られない体長15mを超えるオスが見られます。
羅臼沖は岸近くの水深が非常に深くなっているため、陸から肉眼または双眼鏡で観測できるほどの
近いところで生き物たちに遭遇できる場所でもあります。

・「新北海道スタイル」の取り組みを実施しています。

・お一人様からお申込可能です。
(最少催行人数5名様のツアーです。)
・未就学児は無料です。

集合場所

知床ネイチャークルーズに出航時刻の30前までにお越しください。
※知床ネイチャークルーズで発券を受けてから、羅臼港より乗船いただきます。知床ネイチャークルーズより羅臼港までは歩いて5分程度です。

集合場所住所

北海道目梨郡羅臼町本町27-1

集合場所アクセス

●お車でお越しの場合●
根室中標空港より約1時間30分
女満別空港より約3時間
釧路空港より約3時間30分
※羅臼町と斜里町ウトロを結ぶ「知床横断道路(国道334号線)」は冬期間、通行止めになりますのでご注意ください。

レビュー(18件)

長谷川 正人(キャプテン)

ここは大自然の海の姿を誰もが感じることが出来る場所です。ぜひ一度お越しください。

会社概要

ここ知床・羅臼の大自然の中で行われる漁業や、この地で暮らす人々の生活までも紹介し、雄大な自然を体で感じていただけるような「体験型の知床観光」を提供しています。是非一度お越しください。
会社名:知床ネイチャークルーズ
所在地:北海道目梨郡羅臼町本町27-1

プログラム一覧

プログラム内容

開催期間
2022年04月29日~2022年10月10日
所要時間

出航から解散まで約2時間30分
①9:00頃出航
②13:00頃出航

参加料金

大人:8,800円
小人(小学生):4,400円

料金に含まれるもの

乗船料、ガイド料、保険料

支払方法

当日、現地で現金またはクレジットにてお支払をお願いいたします。

注意事項

●クルーザーは大型船と違い、波の影響を受けやすいため揺れますので船内の移動などには十分にお気を付けください。
●カメラなど所持品の、波しぶきによる故障や船の揺れによる破損、海中への遺失などについては自己責任になりますので、あらかじめご了承ください。
●天候などによりコース内容の変更、または中止となる場合があります。
●出航時刻や所要時間は、海況などにより多少前後する場合があります。

レビュー(18件)

  • 超ラッキーデイ

    念願のホエールウォッチングを体験したく、一人旅で参加。 この日は曇りでしたが、海は凪状態、遠くまで潮吹きがよく見えて マッコウクジラ、ツチクジラ、 シャチファミリーと盛り沢山に遭遇出来大感動でした。 スタッフの皆さんの丁寧な対応、安全対策も万全と思いました。 道民割でお得だったのも良かったです。
  • 感動!!!

    家族 野生のイルカやクジラがこんなに見れると思ってもいませんでした! 特にクジラはすごくたくさんみれて感動しっぱなしでした! 人生で一度は見てみたい!と思って参加しましたが、何度も来たくなる体験でした! ガイドさんもとても親切でした! また絶対に行きます!
  • びしょ濡れ必須だが真近でクジラが見れた

    1人で参加しましたが、同じように一人参加多数で気になりませんでした。 2時間半のツアーの中でマッコウクジラ3回、イシイルカ1回見れました。船内からも見れますが、私は良い動画が撮りたかっので、先頭に立ちびしょ濡れになりながらマッコウクジラを真近で見ることができて、凄く良い旅の思い出になりました。LINEpayで支払いできたのもよかったです。スタッフさんともたくさんお話できてよかったです。
開催地

知床・羅臼(提供:知床ネイチャークルーズ)

開催期間

4月下旬~10月中旬

所要時間

出航から解散まで約2時間30分

参加料金

大人: 8,800円

小人(小学生): 4,400円

このプログラムは現在「期間外プログラム」のためお申し込みができません。

この周辺のおすすめ体験プログラム

  • プログラム名

    クジラ・イルカ・シャチ・バードウォッチング~知床・羅臼沖で見る大迫力の海の生き物たち
  • 体験希望⽇

  • 参加⼈数

  • 合計金額

    0,0000

お客様情報

  • お名前 (漢字)

  • お名前 (ふりがな)

  • 会員登録をする

  • メールアドレス

  • メールアドレス(確認)

  • 携帯電話番号

  • ご住所

  • 体験希望⽇

  • 参加⼈数

  • 合計金額

    ¥ 0,0000

  • お名前 (漢字)

  • お名前 (ふりがな)

  • BECOME A MEMEBER

  • メールアドレス

  • メールアドレス(確認)

  • 携帯電話番号

  • ご住所

Close

4.4 (18件)

  • 超ラッキーデイ

    念願のホエールウォッチングを体験したく、一人旅で参加。 この日は曇りでしたが、海は凪状態、遠くまで潮吹きがよく見えて マッコウクジラ、ツチクジラ、 シャチファミリーと盛り沢山に遭遇出来大感動でした。 スタッフの皆さんの丁寧な対応、安全対策も万全と思いました。 道民割でお得だったのも良かったです。
  • 感動!!!

    家族 野生のイルカやクジラがこんなに見れると思ってもいませんでした! 特にクジラはすごくたくさんみれて感動しっぱなしでした! 人生で一度は見てみたい!と思って参加しましたが、何度も来たくなる体験でした! ガイドさんもとても親切でした! また絶対に行きます!
  • びしょ濡れ必須だが真近でクジラが見れた

    1人で参加しましたが、同じように一人参加多数で気になりませんでした。 2時間半のツアーの中でマッコウクジラ3回、イシイルカ1回見れました。船内からも見れますが、私は良い動画が撮りたかっので、先頭に立ちびしょ濡れになりながらマッコウクジラを真近で見ることができて、凄く良い旅の思い出になりました。LINEpayで支払いできたのもよかったです。スタッフさんともたくさんお話できてよかったです。
  • 大満足!

    家族で参加しました! イシイルカとマッコウクジラが見れて良かったです!凄く楽しめて家族みんな大満足でした! シャチが見れたらもっと良かったのですが! スタッフの皆さんも大変良くしていただきありがとうございました!安心して楽しめました! また機会があれば是非行きたいです!
  • 感動体験

    これまで、知床、網走方面のクルーズには4回連続強風や荒天で乗れず、やっと乗れました! 家族誰も見たことの無い野生の海の動物が見たいと思っていたが、イルカはもちろん、最後はマッコウクジラも目の前で登場し、潜る瞬間も見れて、大感動の一言。乗船のスタッフもとても優しく、2歳、6歳の子供と一緒でしたが、楽しく過ごせたようです。
  • 念願の!

    小中学生の子供達と家族で参加しました。念願のホエールウォッチング、イシイルカ、マッコウクジラに会えました!潜って行く時の尾びれにはしびれました。ガイドさんが潮吹きの場所や時間のタイミングなどを説明してくれて楽しめました。次回はシャチの見られる時期に乗船してみたくなりました。
  • シャチ沢山見れました!!

    どうしても野生のシャチが見てみたくて一人旅で伺いました!私と同じくカメラ持って一人で来てる人も沢山いました!2日間予約して初日午後便でシャチの群れやイシイルカに会えました!次の日は波が高く欠航でしたが、安全に対してとても考慮されていて安心して旅が出来ました!スタッフさんは女性も多く、海面にシャチが出てくると優しく教えてくれます♡また来たいと思います!
  • シャチ最高!!

    一人 シャチを初めて見たこと。できれば群れで見たかった。
  • 知床ネイチャークルーズ

    6月23日に母と2人で乗船しました。今まで2回予約していたのですが、高波でダメになってしまい…3回目でようやくシャチに会うことが出来てとても感動でした! ガイドの方もシャチやイシイルカの解説を分かりやすくして下さりとても楽しかったです!
  • 知床ネイチャークルーズ

    夫と参加しました。 以前は、7月参加で鯨、いるかに会え、一ヶ月ほど早いとシャチに出会える確率が高いと聞いていたので参加しました。 天候にも恵まれ、跳び跳ねるイルカを見ることはできました。 残念ながら、シャチは国後にいて、肉眼では見れませんでした。 知床の山々なども、船上から見ることができ楽しいひとときでした。
  • 知床ネイチャークルーズ

    前回は、波が高くて欠航に。リベンジを期して、友達と再びトライ。やった~!初めてシャチに会えました!しかし、次は 顔をみたい
  • 観れませんでした!

    5月24日午後1時の便に乗船予約をしていましたが、『高波のため欠航します』との連絡を受けました。 天気は快晴で波も穏やかだったんですが『欠航』です。 ウトロ側からの観光船沈没事故があってからまだ一ヶ月ですから、今まで以上に慎重に判断された結果だと思いますので致し方ありません。 折角知床まで来たのですから、あらためて翌25日の午前9時の便に予約してリベンジを試みました。 予定時刻に出航はしたものの、残念ながらお目当ての『シャチ』は観られませんでした。 『99%の確率で観られる』と聞いていましたが、残りの『1%』になってしまったようです。 それもこれも自然が相手ですから仕方ない事と思います。 しかし残念でならない。。。 『こういう事も有ります』という参考になれば幸いです。
  • シャチとクジラに出会えた感動のクルーズ!

    羅臼で会いたかったのは「海の王様~シャチ」! 前日は荒天で終日船が出せなかった&朝はあいにくの雨模様でドキドキしましたが無事出航!! あっという間にシャチの群れと出会うことができ、大迫力の近距離で楽しませて頂きました。2年ぶりに知床に来てるよう~というでっかいナガスクジラにも遭遇! 長谷川雄紀キャプテン、スタッフさんの話しもサイコーでした。ランチに紹介頂いた「ひろ瀬」さんの食事も美味しかったです!(^_^)!
  • シャチは見れませんでしたが…!

    シャチは7月だと聞いていたので、8月に乗船した私達はやはりシャチには会えませんでしたが、イシイルカや珍しいクロアシあほうどりをたくさん見ることができました。国後島も見え、クルーズの乗船時間もほどほどに長く、7歳の息子は気持ちよくて眠ってしまいました。家族四人で乗船しましたが、四人とも「シャチは見れなかったけど 楽しかった!!またきたいな!」
  • クルーズ

    家族で参加、天気は最高でした。ただ全く現れず何も見れませんでした。帰りに半額券もらいましたが、そんな簡単に行けないので意味はない感じがしました。ただ天気のいい日にクルージングしたと思えば、悪くはなかったと思いました。お話した印象ではガイド雑誌のように近くで見れることはあまりないようなのでこれはこれで良かった気がしました
  • 8月の鯨

    家族3人で参加してきました。 鯨の潮吹きで居場所を探すことになるため、天気に左右されますが、今回は快晴で絶好の鯨ウォッチングでした。 早いタイミングで鯨に接近できて、じっくり鑑賞できました。 最後に海に潜る時のしっぽもタイトルの写真そっくりで、スッタッフさんの解説も楽しく、全員大満足です。 ただし羅臼の天気予報は、あまり当てにならないので、はっきり言って、当日出たとこ勝負です。
  • マッコウクジラ

    マッコウクジラを追いかけて、「もうすぐ潜りますよ」と船長さんの 声、すると大きなクジラの尻尾、初めてのの体験すごく感動しました。 予定時間よりも長くクジラを探していただき、楽しい時間を過ごせました ありがとうございました。
  • マッコウクジラ

    10月20日午前便に乗せていただき、マッコウクジラに出会えました。 長谷川キャプテン&ハルさん&クルーの皆さん有難うございました。 翌日同行者が「昨日のホアンホアン鳥って珍しい名前だったね」と言うので、 ハルさんが撮影していた等の状況からコアホウドリの聞き間違いでした(笑)。