サイト内検索
小樽運河界隈の建物に残る「印(しるし)」を散策します。 小樽観光を一歩深く楽しむことが出来るプランです。 印を知ると、往時の小樽商人の心意気が分かります。 ■印(しるし)の起源、派生、由来を学習 ■観光ガイドによる印探索 ■自分だけの「印」ストラップ制作
小樽観光ネットワーク
小樽に印が多いのは何故?ガイドと一緒に街に出て、その歴史を見て感じて学び、自分の印を作る体験です。
体験談を投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。 ※皆さまからいただいた体験談は、当編集部が運用するTwitter(@hokkaido_t)でもご紹介させていただく場合がございます。予めご了承ください。
*のついている項目は必須項目です。

*
* (ニックネームOK)
*

(確認の為もう1度入力してください)

*

○参加したメンバーを教えていただけますか?
 (友達・家族・恋人・会社の仲間・一人)
○どのような体験が心に残りましたか?
 (開催場所やガイドの印象など)

※Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると複数選択できます
(最大5件)

    この枠内に画像をドラッグすると削除されます