小樽 大正ロマンチック街道 はじめてのステンドグラス制作体験
硝子の原料とは桂砂なのをご存知でしたか? 古代人たちは、砂漠を歩きまわっては焚き火をするうち、熱で砂漠の砂が岩塩に反応して硝子の固まりが出来、その美しさに惹かれたといいます。 そして、光を通す唯一の原料である硝子となったのです。 硝子細工の神秘的な魅力を一緒に手にしながら味わいましょう。 こちらのコースでは、ガラスの側面にコパーテープを巻きつけ、半田付けする伝統的な「ティファニー工法」の制作が体験できます。 自分のお好きなデザインや色目で、可愛いストラップやコースター、ミニランプなどが作れます。 ガラスは用意してある中から自由にお好きな柄や色を選ぶことができますよ。
小樽ガス燈
「ティファニー工法」で制作するステンドグラス。ガラス細工の魅力を味わってください。

見よう見まねでできないのできてのにみたとおりにしなさい、喋るなでは意味不明。。辛い時間。。ステンドガラスが好きでなければ楽しくやりましょうの精神がなく本当に疲れた、、小学生にもあの調子なのじゃないことを願い、体験の面白さを伝えるべきでしょうか。。
明治じたいでないのだから製作前にお互いに話し合い信頼関係は必要かと思います。色々はなして楽しく製作いたけいけんがあるので、何も途中からは話せなかった。怖すぎです。
明治じたいでないのだから製作前にお互いに話し合い信頼関係は必要かと思います。色々はなして楽しく製作いたけいけんがあるので、何も途中からは話せなかった。怖すぎです。
コメントを投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。

タイトル:*
お名前:* (ニックネームOK)
:
パスワードを設定すると自分の投稿を削除できます(10分以内)。
投稿本文:*