サイト内検索
エリアから探す
ジャンルから探す
コースNo. 4117
湯の華づくり体験
実はこの湯の華の「素」は、他では入手できない貴重なものです。 粘土細工のようにお好きな形に成形し乾燥して出来上がり。童心に帰って、手作りの過程を楽しめるプログラムです。 ご自宅で桶や浴槽にポンと入れれば、すぐに登別温泉の湯が楽しめます。
粘土細工のように、お好きな形に成形できます。
ガイドが丁寧にお教えしますので、初心者の方でも安心!
オリジナル天然入浴剤の出来上がり。ご自宅で登別温泉の湯が楽しめます。
開催地
登別(のぼりべつ)
開催期間
通年
所要時間
約60分
参加料金
優待料金: 1名様:2,200円
LINEで送る マイページに追加

登別温泉の泉源から特別に採取した天然ミネラル成分たっぷりの泥産物「湯の華」で、世界にひとつしかない、あなただけの入浴剤をつくれます♪

実はこの湯の華の「素」は、他では入手できない貴重なものです。
粘土細工のようにお好きな形に成形し乾燥して出来上がり。童心に帰って、手作りの過程を楽しめるプログラムです。

ご自宅で桶や浴槽にポンと入れれば、すぐに登別温泉の湯が楽しめます。

もっと読む
お申し込み
カレンダーのご希望の日付を
クリックしてください
  • ※お申込みはご希望日時でのリクエスト受付となります。
    お申込み内容を確認後、電話またはメールで、ガイドより受付可否についてご連絡いたします。
  • ※お申込みは先着順です。受付フォームから送信できても、満席となっている場合がございます。予めご了承ください。
…お申し込み可能
プログラム内容
開催期間

通年

開催期間詳細
年末年始(12月31日~1月2日)を除く
所要時間
約60分
スケジュール
作り方の説明(5分)==材料こね上げ・成形(25分)==乾燥と温泉豆知識(15分)==パッケージング(15分)
参加料金
優待料金: 1名様:2,200円
予約特典
北海道体験.comからのお申し込みで、通常料金2,500円が優待料金2,200円に♪
料金に含まれるもの
湯の華作り体験料
送迎
なし
支払方法
体験開始前に担当スタッフへ現金でお支払い
団体・グループでのご利用について
80名様まで(60名様以上は入替制)
・40名様まで: 10日前までにご予約ください。
・40~80名様まで: 1ヶ月前までにご予約ください。
対応言語
日本語,英語

参加条件
集合場所
持ち物・服装
参加条件
最少催行人員: 4名様
集合場所
①登別温泉ふれあいセンター
②カント・レラ
③お客様がご用意いただいた場所
集合場所詳細
体験場所等詳細はお申込み後、お客様と直接ご相談をして決定いたします。
集合場所住所
北海道登別市登別温泉町(下記地図は②カント・レラを表示しています)


大きな地図を表示
当日必要な物、ご用意頂く物
動きやすく、汚れても良い服装
取消・変更:
お客様のご都合によるキャンセルの場合、予定日前日18時以降は代金の100%をキャンセル料としてお支払い頂きます。
ガイド情報
ガイドインタビュー
ガイド情報
代表取締役社長
阿部 敏昭

プロフィール

登別ゲートウェイセンターでは北海道の道南地方、登別温泉周辺地域を中心に観光・自然ガイドや体験プログラムのメニューをご案内しております。北海道へ旅行をご検討中の方、登別温泉宿泊を予定されている方で楽しいオプショナルツアーをお探しの方は、是非私たち現地ガイドにお任せください!

コメント

粘土細工のようにお好きな形に成形して乾燥して出来上がり。ご自宅で桶や浴槽にポンと入れれば、すぐに登別温泉の湯が楽しめる貴重な体験です。

会社概要

会社名:登別ゲートウェイセンター
所在地:北海道登別市登別温泉町26番地 バスターミナル内

ガイドインタビュー
登別ゲートウェイセンター代表 阿部敏昭さん

インドア体験もありますか?

インドア体験だと「湯の華づくり体験」もあります。ここは北海道を代表する温泉地でもありますから。会場は人数によって使いわけます。温泉街の一室かちょっと離れた「のぼりべつ文化交流館 カント・レラ」で実施したりしています。ちなみにここは土器や石器などの埋蔵文化財を展示する博物館です。

どのような体験プログラムですか?

ここ登別は温泉が出ているところ。温泉には湯の華がありますので、けっこうたまっているのです。これを分けていただいて、湯の華をこねてもらい好きな形に形成しておみやげとして持って帰ってもらう体験です。持ち帰ったものは、ご自宅の洗面器などで溶かしてもらうと、温泉成分なので、手湯や足湯が楽しめるようになっています。

何をつくるのですか?

なんでもいいんです。みなさん、それぞれ好きなものをつくっています。形はお花のかたちだったり、車の好きな人はクルマだったり。アンパンマンをつくる人もいます。レベルの高い器用な人であれば、登別の「鬼の顔」をつくる人もいますね。「童心に帰ったみたい」と喜んでつくる人多数です。

登別温泉街の変化はどんなこと?

最近の温泉街では新しいお店が増えています。ピザ屋さんがオープンしたり、ジンギスカン屋さんもできました。食べるところが充実してきました。コンビニは2軒あり、飲食店とお土産屋さんのほかに、居酒屋にスナック店もあります。夜ふらふらと歩いても楽しい街です。 ーツアー前後のおすすめ飲食店は? 登別市は港があるまち。温泉街で食べるところで、魚介類だと「温泉市場」さんがいいですね。海鮮丼が人気です。最近はお寿司もやっています。大きい水槽が店内にあって、単品でも食べたいものを言えば炭で焼くこともできます。登別の海のものを堪能したい場合はおすすめです。

ランチのおすすめは?

ラーメンならば、「味の大王登別温泉店」さん。昼も夜もやっています。ウリは「地獄ラーメン」です。ピリ辛が人気です。その隣りの「福あん」さんではそばがおいしいです。

立ち寄りスポットは?

天然足湯はぜひ体験していってほしいスポットです。温泉街からもひとりで歩いて行けます。街の方、駅周辺では、おもちゃの博物館「古趣北乃博物館」があったり、映像機器の博物館「登別映像機材博物館」など、穴場スポットがあるので時間があれば立ち寄ってみても楽しいかと思います。

メールマガジンやSNSで最新情報を発信中!
他の
プログラムを
探す