サイト内検索
目を閉じて、想像してみて下さい。 音も無く踏みしめる柔らかな雪・・聞こえて来る自分の鼓動・・風の音・・。 太古の人々がそうしてきたように、真っ白い雄大な山と対話しながら、一歩一歩自分の足で登る・・。 それが「バックカントリー」。 滑るのはもちろん楽しいけれど、登りも大切な時間。 苦労して登ったからこそ、滑る喜びもひとしおです。 ゲレンデでは決して味わう事のできない楽しさ、感動がきっとみつかるはず! 最初は誰だってそんなに上手く滑れません。けれど、上手く滑るかどうかではなく、いちばん大切なのは心から楽しむこと! これができたらその日のツアーは満点です! 場所はよくわからないけど、パウダーを楽しみたいという方は全てお任せください! その時に一番コンディションのよいと思われる所へご案内します。 バックカントリーを初めたばかりとゆう方でも皆さんに合わせてツアーは開催しますので、気軽に言ってくださいね! ・「新北海道スタイル」の取り組みを実施しています。
TACとかちアドベンチャークラブ
ご参加者のレベルや趣向に合わせたフィールドへご案内するバックカントリーツアです。
本サイト「北海道体験」を通じてお申し込みいただいたプログラムの体験談をお寄せください。 皆さまからいただいた体験談やお写真は、当編集部が運用するSNSやサイト内のプログラムページ等でも紹介させていただく場合がございます。 予めご了承ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。
*のついている項目は必須項目です。

*
* (ニックネームOK)
*

(確認の為もう1度入力してください)

*

○参加したメンバーを教えていただけますか?
 (友達・家族・恋人・会社の仲間・一人)
○どのような体験が心に残りましたか?
 (開催場所やガイドの印象など)

※Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると複数選択できます
(最大5件)

    この枠内に画像をドラッグすると削除されます