流氷ウォーク ~ガイドと一緒に歩く、安全で楽しい流氷の世界~
流氷の美しさは実際に来て見た人にしかわかりません。 ウトロ周辺のオホーツク海は、通常1月下旬から3月にかけて流氷が押し寄せます。 国内でも特に知床・ウトロは流氷の勢いが強く、一面見渡す限りの「流氷原」となることも珍しくありません。 一見、平面に見える流氷原は、実は重なり合ったり、高く盛り上がったり、とても立体的。そして光の条件が揃えば、流氷の本当の色"アイスブルー"に出会えるでしょう。 流氷の上に乗って、間近に見て触れることができるのは流氷ウォークならではの体験です。
シンラ(SHINRA)
流氷原を歩いて"アイスブルー"の氷を見たら、自然の力の神秘や、その大きさを体感できると思います。

2月14日の朝6時30分からの流氷ウォークに参加させて頂きました。
ガイドさんの運転する車で近くの岸辺まで行きそこでドライスーツに着替え
いよいよ流氷の上に・・・・乗りました。 実は今回初めて岸から流氷の接岸
している海に降り立ちました。 圧巻でした、延々と続く白い流氷・・・流氷たち。
果てしなく続く流氷に朝日が当たり始め素晴らしい眺めを見る事ができました。
流氷の上で戯れることしばし・・・あっという間に終了の時間になってしまいました。
絶対にまたこの流氷の上に乗りに行きたい(行きます!!)です。
Oさん、引率ありがとうございました。 

さいとー様

14日の流氷ウォーク、担当ガイド岡田です。

あの日は久しぶりに寒い日でしたね。流氷の上は本当にきれいで、仕事の後で遊びに行ってしまう程です。

今日は南風で流氷が流されています。

また知床に遊びにきてください!

お待ちしております。

岡田
コメントを投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。

タイトル:*
お名前:* (ニックネームOK)
:
パスワードを設定すると自分の投稿を削除できます(10分以内)。
投稿本文:*