森の乗馬 ~ネイチャーホースライディング~
その日、あなたが共に旅する馬を、まずはご自分で捕まえるところから始まります。 馬は逃げることだけで何千年も進化してきた生き物です。そんな臆病な草食動物をどうすれば捕まえることができるのでしょうか。 馬の気持ちになり、少しだけ勇気を出して、是非チャレンジしてみてください。 森の中、何もついていない裸の馬の横に立つことができた時、あなたと馬との心の距離は確実に近づいていることでしょう。 ※残雪量によっては、4月下旬より催行できかねる場合がございますので、ご了承ください。
森の馬小屋
乗る馬への思いやりと責任を持つトレッキング・・・。馬との新しい、楽しい旅のカタチをご提案します♪

昨年に続き、今年もお世話になりました。 昨年は、馬という生き物に対する認識を、新たにすることが出来ましたが、 「馬対人間」の関係では、馬に勝てなかったと、痛感しました。 田中さんの言葉の「馬との一対一の関係で主にならなければ」と言われ、 今年は、主従関係で優位に立とうと、頑張りましたが、まだ、馬に主導権を 握られていた感がします。 しかし、一部では、優位に立てたところもあった、かもしれません。 今までは、馬を自由に操ることは、無理だと考えていましたが、すこしずつ、 主従関係で、主になる可能性もあるかもしれないと、思うようになってきました。 来年は、この可能性を追求しに、また、行きますので、よろしくお願い します。
コメントを投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。

タイトル:*
お名前:* (ニックネームOK)
:
パスワードを設定すると自分の投稿を削除できます(10分以内)。
投稿本文:*