一年中OK! モーターパラグライダーでタンデム(2人乗り)フライト体験!!
モーターパラグライダーとは、パラグライダーに動力をつけて平地からも離陸上昇が可能な乗り物です。 北海道の広大な大地を見下ろしながらの空中散策にはもってこいです。 安心のタンデムフライトで、空の散歩を楽しんでみませんか? 【スタート時間別フライト確率】 8~ 9時・・・約60~70%  ※1番人気の時間帯です! 11~15時・・・約30~40% 16時~日没・・・約40~50%
MPGそらち
大空に舞い上がるモーターパラグライダー。経験がなくても安心のタンデム飛行です。

9月初旬の妻との遅い夏休み時に、モーターパラグライダーを体験しました。新千歳空港からレンタカーで、登別→室蘭→洞爺湖→ニセコ(2泊)→余市・小樽→札幌(1泊)→富良野(2泊)の旅の最後の旅行地富良野で、朝一番の予約でした。朝起きてみると、快晴・そよ風でこれなら絶好のパラグライダー日和だと喜んで「そらち」さんに向かいました。迷いながら到着してみると、田んぼの真ん中にある事務所で社長さん、外国人の助手さんの二人で準備の最中でした。パソコン映像での簡単な飛行の説明の後、飛行場へ。風向きによって何か所か飛行場があるらしく(私の勘違いかも)車で5分くらいの飛行場へ。吹き流しがあり、サングラスの社長さんがしきりに風向きをチェックしている。どうも、絶好の飛行日和ではないらしい。しばらくして、では、「奥さんの方からやりましょう」ということで、妻の飛行準備に。準備しながらもしきりに風向きを確認している。結構な風なので、素人の私には何が障害になっているのか分からない。子供のころ凧揚げをした経験上、この風なら十分に揚がるはずだがと思っていると、どうも、風が一方方向から吹いていなくて、風が巻いているのが気になる模様。妻が準備を終えていよいよ飛行に。何度かやり直しながら社長と妻が離陸。上空の妻と交信出来るように無線機を持たされる。 だんだん遠く、高く揚がっていく妻に高度は?と何度も尋ねるうち、「うるさいから黙っていて」と妻の弾むような声。離陸する前は不安がっていたくせに・・・・500メートル位まで上昇したようだ。上空ではエンジンを止めて上昇気流のみでの飛行もあったようでとにかく素晴らしかったと。約、25分ほどの飛行後、帰還。次は私の番。準備OKで社長の指示待ち。が、一向に飛ぶ気配なし。上空の雲の動きや、鳶の飛ぶ様を眺めていて、今日は無理だと。飛べませんと。妻と上空にいたとき、社長が今日はもう無理かもと言っていたようで、上空も風が不安定だったようだ。我々の次の予約の若い女性2人も来ていたのに、飛べませんと。無理して飛べば飛べたであろうが、安全第一の社長さんの姿勢には大変好感がもて、残念であったが、なにか清々しい気持ちで飛行断念を受け入れられた自分でした。又の機会があれば、再挑戦をと考えています。それまでには体重も少し減らしておきますね、社長さん!
コメントを投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。

タイトル:*
お名前:* (ニックネームOK)
:
パスワードを設定すると自分の投稿を削除できます(10分以内)。
投稿本文:*