その日、あなたが共に旅する馬を、まずはご自分で捕まえるところから始まります。 馬は逃げることだけで何千年も進化してきた生き物です。そんな臆病な草食動物をどうすれば捕まえることができるのでしょうか。 馬の気持ちになり、少しだけ勇気を出して、是非チャレンジしてみてください。 森の中、何もついていない裸の馬の横に立つことができた時、あなたと馬との心の距離は確実に近づいていることでしょう。 ※残雪量によっては、4月下旬より催行できかねる場合がございますので、ご了承ください。
森の馬小屋
乗る馬への思いやりと責任を持つトレッキング・・・。馬との新しい、楽しい旅のカタチをご提案します♪
体験談を投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。 ※皆さまからいただいた体験談は、当編集部が運用するTwitter(@hokkaido_t)でもご紹介させていただく場合がございます。予めご了承ください。
*のついている項目は必須項目です。

*
* (ニックネームOK)
*

(確認の為もう1度入力してください)

プレゼントに応募する場合は必ずご入力ください。プレゼントの詳細はここをクリック (メールアドレスは投稿画面には表示されず、プレゼントに当選された際のご連絡先としてのみ使用します)

*

○参加したメンバーを教えていただけますか?
 (友達・家族・恋人・会社の仲間・一人)
○どのような体験が心に残りましたか?
 (開催場所やガイドの印象など)

※Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると複数選択できます
(最大5件)

    この枠内に画像をドラッグすると削除されます