忍者とは? 忍者のルーツは、日本の戦国時代から江戸時代にかけて存在した「忍びの者」。15世紀後半から150年間続いた戦国時代に、忍びの者は大名のもとで活躍した諜報員でした。忍びの術は、脚光を浴びやすい戦闘術はもちろんのこと、情報を収集し、人間関係を築くための術。不必な戦を避け、正確な情報に基づいて効率的に動くための教えでした。現代でいうところのCIAのエージェントや007のような存在に近いかもしれません。情報を司ることこそが忍者の本質である。そう考えると、表舞台に出ずとも、情報を欲しい人に届けたり、情報の分析や操作することを通して、誰かを影で支えたり、世の中を動かしていく。そんな忍びの哲学は、きっと現代に通じるものでしょう。
北海道忍者道
当施設は、忍者衣装を身にまとい、大人から子供まで忍者修行を楽しく体験する場です。 余市忍者衆の頭として活躍する嵐嶄の協力のもと、本格的な体験プログラムが完成しました。
体験談を投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。 ※皆さまからいただいた体験談は、当編集部が運用するTwitter(@hokkaido_t)でもご紹介させていただく場合がございます。予めご了承ください。
*のついている項目は必須項目です。

*
* (ニックネームOK)
*

(確認の為もう1度入力してください)

プレゼントに応募する場合は必ずご入力ください。プレゼントの詳細はここをクリック (メールアドレスは投稿画面には表示されず、プレゼントに当選された際のご連絡先としてのみ使用します)

*

○参加したメンバーを教えていただけますか?
 (友達・家族・恋人・会社の仲間・一人)
○どのような体験が心に残りましたか?
 (開催場所やガイドの印象など)

※Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると複数選択できます
(最大5件)

    この枠内に画像をドラッグすると削除されます