Search
日本の落葉広葉樹を代表するブナの森は、四季折々の美しさがあり、何度訪れても飽きることがありません。 ブナ北限の里・黒松内町で、四季それぞれのブナ林を楽しんでみませんか? -春- ブナの芽吹きは例年5月10日前後。 開いたばかりの若葉は透き通るようなライトグリーン。 緑のステンドグラスの下を歩いているような春のブナ林をお楽しみいただけます。 -夏- 新緑から深緑へと変わる夏。 青々とした葉が強い日差しを遮り、時折差し込む木漏れ日。 たっぷりと水を蓄えた地面からの蒸発作用も加わり、涼しく心地良い森林浴を楽しむことができます。 -秋- ブナ林が1年で最も華やかな季節。 夏の日差しから守ってくれた青葉が黄色へと変わり、周囲の木々も赤や黄色へドレスアップ。 落ち葉の積み重なった地面は、歩くたびにふっかふかの感触を楽しませてくれます。 -冬- 冬の黒松内は一面の銀世界。 葉っぱの落ちたブナ林は明るく、空へ向かって伸びる枝付きがよくわかります。 黒松内伝統の「渋谷式かんじき」をはけば、たっぷり積もった雪の上も楽々と歩くことができます。
ブナ北限の里ツーリズム
ブナ北限の里・黒松内町で、四季それぞれのブナ林を楽しんでみませんか?
体験談を投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。 ※皆さまからいただいた体験談は、当編集部が運用するTwitter(@hokkaido_t)でもご紹介させていただく場合がございます。予めご了承ください。
*のついている項目は必須項目です。

*
* (ニックネームOK)
*

(確認の為もう1度入力してください)

プレゼントに応募する場合は必ずご入力ください。プレゼントの詳細はここをクリック (メールアドレスは投稿画面には表示されず、プレゼントに当選された際のご連絡先としてのみ使用します)

*

○参加したメンバーを教えていただけますか?
 (友達・家族・恋人・会社の仲間・一人)
○どのような体験が心に残りましたか?
 (開催場所やガイドの印象など)

※Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると複数選択できます
(最大5件)

    この枠内に画像をドラッグすると削除されます