樹齢900年の老木と、若い宮司が見守る「空知神社」 JR美唄駅から市街地を歩くこと10分ほど、背の高いみどりの木々の間に赤茶色の鳥居が見えてきます。手入れの行き届いた「空知神社」には若い宮司が常駐。ゆっくりと時間が流れるちいさな神社を樹齢900年の老木が見守っています。 “コツンコツンと、心を重ねる「腕輪守り」” 「空知神社」では隣接する社務所内で、「腕輪守り」作りを体験することができます。約20種、色形さまざまの天然石をじっと見つめ、好きな石を選びます。各々に込められた「願意」を宮司に教わりながら選び、なんとなく気になった石との間には、すでに不思議なご縁があるとか。「コツン…コツン…」と一粒ずつ丁寧な気持ちで重ねると、不思議と心が安らいでゆきます。 “ここからが本番の「神前祈祷」” 「ドーンドーン」と神殿をゆさぶるほどの大きな音で和太鼓が響き渡ると、ピリリと空気が引き締まり自然と背筋がのびます。宮司により神様への祝詞と参加者の名前と願いが読み上げられたら、ひとりずつ席を立って神前で祈祷をします。厳かな空間で祈祷をすることで、腕輪守りのご利益がグッと高まるのを感じます。
空知神社
作った腕輪に神前祈祷をしてもらう、なかなかできない体験です。 ゆっくりと時間が流れる神社で癒されます☆
体験談を投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。 ※皆さまからいただいた体験談は、当編集部が運用するTwitter(@hokkaido_t)でもご紹介させていただく場合がございます。予めご了承ください。
*のついている項目は必須項目です。

*
* (ニックネームOK)
*

(確認の為もう1度入力してください)

プレゼントに応募する場合は必ずご入力ください。プレゼントの詳細はここをクリック (メールアドレスは投稿画面には表示されず、プレゼントに当選された際のご連絡先としてのみ使用します)

*

○参加したメンバーを教えていただけますか?
 (友達・家族・恋人・会社の仲間・一人)
○どのような体験が心に残りましたか?
 (開催場所やガイドの印象など)

※Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると複数選択できます
(最大5件)

    この枠内に画像をドラッグすると削除されます